まわりったんぶら

理化学研究所は19日、埼玉県和光市の研究施設を一般公開し、研究の成果報告に加え、一般から問い合わせが多いとして、STAP(スタップ)細胞の論文問題に関する質問コーナーを急きょ設けた。

理研関連のグッズ販売所には、論文問題で話題になった実験ノートも並び、一部の販売所では午前中に売り切れる人気ぶりだった。

理研の広報担当者は「小保方晴子ユニットリーダーが使っていたノートと同じ種類かどうかはわからない」という。

熊本大病院産科婦人科は18日、同病院に救急搬送後、脳死とみられる状態に陥った妊婦が2012~13年の2年間で3人おり、このうち2人が出産したと、東京都内で開かれた日本産科婦人科学会で報告した。  

未婚だった34週の妊婦は、家族が出産を望まなかった。

RIP Windows XP 8/24/2001-4/8/2014

windows-98:

image

You will be missed…

yaruo:

plasticdreams:

kagurazakaundergroundresistance:

gkojax:
スクロールバーに翻弄される人のアニメーションGIF | POP*POP
 ?
markie
 ?
dara-j
 ?
shokai
 ?
otsune

(via kagurazakaundergroundresistance)

(via plasticdreams)

(via yaruo)
私が考えている、「面白いプレゼン」の基本構成は以下の通りです。 ・身近な話題
・問題提起(できるだけ身近な問題がいい)
・鮮やかな解決策(ここで新商品)
・そこから広がるバラ色の未来(大袈裟でもいい)  たいていのプレゼンは、この構成なら「面白い」「わかりやすい」と受け止めてもらえます。
 ところが世にはびこるプレゼンは、こういう当たり前の構成を全く持っていません。  よく、「起承転結を大事に」と言いますが、私も子供の頃、マンガを書いてみたくてこの「起承転結」を考えろ、といわれたときに全く思いつかず、そもそも起承転結自体を創りだし、見つけ出すのが難しいのです。  しかし、上記のようなプレゼンの構成であれば、起承転結の形を踏襲しつつ、様々なことにあてはめやすいパターンになります。いわばプレゼンテーションのデザインパターンです。上記のものは「ドラえもん秘密道具パターン」とでも名付けましょうか。  ドラえもんでは、のび太がたいていくだらない悩み(身近な問題)を抱えています。その結果、ドラえもんに泣きつくと、ドラえもんが秘密道具(鮮やかな解決策)取り出し、そしてのび太が抜群の発想力を活かしてその道具をどんどん使います(大袈裟かつバラ色の未来)、しかしやりすぎて最後はたいへんなことになる、というのがオチです。  プレゼンの場合、オチをつけてしまうと製品を売り込むのが難しくなるので、オチはなるべく製品そのものを邪魔しないようなものにすべきですが、たいがいのものはこの構成で説明できます。
製造は他のマウントとは全く別の話になるのです。たとえ同じ光学系を使っても、ペンタックスマウント用のレンズを作るのは手間がかかります。ペンタックス用だけ特別な部品を使わなければならないからです。 (山木社長Q&A Part1:なぜペンタックス用のレンズは少ないのか他(その2) - 写真あれこれ - Yahoo!ブログから)

製造は他のマウントとは全く別の話になるのです。たとえ同じ光学系を使っても、ペンタックスマウント用のレンズを作るのは手間がかかります。ペンタックス用だけ特別な部品を使わなければならないからです。 (山木社長Q&A Part1:なぜペンタックス用のレンズは少ないのか他(その2) - 写真あれこれ - Yahoo!ブログから)

reblog-gif:

http://gifini.com/
tkr:

lH6NsXl.gif
44以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/09(水) 16:34:33.13 ID:Ngj48Q910

手を洗うお湯が熱すぎる



48以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/09(水) 16:36:49.04 ID:cyp3up2a0

»44
お前どこで手洗ってんの?